ニキビエステ案内所TOP > にきびケアの情報 > ニキビにいい洗顔方法は?

ニキビにいい洗顔方法は?について

 
洗顔は我流でやってもダメです。ニキビを悪化させてしまっていることも多いです。以下の注意点を守ってやるようにしましょう

@皮脂を落としすぎない

ニキビの原因は様々なことがいわれます。が、直接的には、「皮脂の分泌が多すぎる」、「古い皮脂が毛穴に残ってしまう」といったことです。

このことから、「とにもかくにも皮脂を顔のお肌からなくしてしまおう」と考える人が多いようです。

が、これは間違いです。皮脂には「お肌の表面に薄く広がって、角質とともにお肌をガードする」という役割をします。

この必要な分まで取り去ってしまうと、お肌はピンチと考えて、一気に皮脂を分泌します。

あまり極端に落としすぎないようにしましょう。回数もせいぜい一日二回が限度です。

Aオイルタイプのクレンジング剤は不可

メークをきっちり落とすのは、ニキビ対策の基本中の基本です。が、オイルタイプだと強力すぎるようです。

メークとなじみやすいのがオイルタイプの特徴です。が、皮脂ともなじみすぎてしまって、オイルを洗い流した後は、必要な皮脂も残りません。

B顔をゴシゴシしない

洗顔料を手に取り、このままゴシゴシと顔にこすりつけるような人がいます。皮脂をとり過ぎてしまうだけではなく、角質を傷つけてしまいます。

洗顔料は十分な量の泡を硬めに作ります。これで顔の上を行き来する感じです。手のひらが直接接触する必要はありません。

Cすすぎは丁寧に

洗顔料が残っていると、それがまた、ニキビの原因になります。最後はやはり、角質を傷つけないように柔らかいタオルでそっと水気を吸い取ります。


 

にきびケアの情報記事一覧

ニキビにいい洗顔方法は?

洗顔は我流でやってもダメです。ニキビを悪化させてしまっていることも多いです。以下の注意点を守ってやるようにしましょう@皮脂を落としすぎないニキビの原因は様々なことが...

紫外線とにきびは関係がある!

かつては、「小麦色の肌」などといって、特に夏になると、わざわざ日焼けして、「健康的」ということを強調するようなことがありました。が、今や紫外線がお肌に良くないことは常識でし...

にきびのできやすい場所

思春期のころのにきびは鼻の頭にできたと思ったら、今度はおでこ。さらにはアゴの先端……次々と場所を変えることが多いです。ひとつ「治ったぁ」と喜んだら、鏡の映した顔に新しいのを...

睡眠不足でにきびができる?

にきびの改善に限らず、ハリ・ツヤの回復、シミ・ソバカスの解消など、お肌のトラブル対策には、質のいい睡眠がとても大事です。これはお肌の修復作業が主に深夜の睡眠中に行われている...

ニキビも遺伝する?

ニキビが遺伝するかどうか……自分がニキビで悩んだ経験があって、子供をお持ちの方なら心配するでしょう。あるいは今、ニキビで悩んでいて、親の顔のニキビ跡を見て「親に似たのだから...

美肌に日焼けは禁物です

美肌を目指すのであれば、日焼けをしてはいけません。紫外線はお肌の大敵です。皮膚の細胞の質を悪化させてしまいます。若いころであれば、少々の日焼けも夏が過ぎるぐらいになると解消...

お風呂が美肌の基本

最近は「バスタイム」といっても、シャワーを浴びて体を洗うだけで、湯船にはつからないような人もいるようです。が、入浴は様々な形で美肌を作るのに貢献してくれます。もし、湯船に入...